検品データ入力の際に使える!数値セルの自動色変更!

どうも、もりちゃんです。

今回は入力データが規定内かどうかがすぐに判断出来る、「条件付き書式」を使った数値セルの自動色変更について紹介していきます。

条件付き書式で出来る事

条件付き書式を設定しておくだけで、例えば製品の寸法が公差から外れていた場合、色分けされるので入力時に一発で分かるようになります。

あらかじめ設定した数値を上回るか、下回った場合、自動的にセルの背景色が変わります

もりちゃん
データ数が多い時でも公差外を発見しやすい!!

説明の前に

時間が無い方の為に、私の方で作成した条件付き書式を設定済みの検品表のひな形をダウンロード出来るようにしておきます。

使いやすいようにご自由に編集してお使いください。

エクセルファイルをダウンロード

 

設定の仕方

①製品サイズを記入する欄を設ける。

 

②次に公差を入力する箇所を設け、公差内の範囲を設定する(合格範囲)。

2色に分けたい場合は、第二公差の欄も設けておくと、色分けしやすくなります。

※赤字は参照の流れ

 

③条件付き書式を設定したい範囲を選択。

 

④「ホーム」タブから「条件付き書式」→「新しいルール」を選択。

 

⑤「指定の値を含むセルだけを書式設定」→「次の値の間」を設定し、指定公差外ギリギリラインの範囲を設定する。

 

⑥「書式」をクリックし、条件を満たした時の書式を設定する。(今回はセルを黄色に変更するのみ)

 

⑦これで選択した間の数値は黄色になります。

 

⑧公差外のものは赤色にする場合、また「ホーム」タブ→「条件付き書式」→「新しいルール」を選択し、今度は「次の値の間以外」を指定する。

 

⑨上記までを必要セルに設定していくことで、違うデータを入力しても、下記のように公差外ギリギリが黄色、公差外が赤になるような検品表を作ることが出来ます。

今回はここまで

今回は「条件付き書式」によってセルの色を変えるだけでしたが、この表に標準偏差等の関数を付け足して、統計学的に不良率を計算する方法もあります

その説明はややこしいので、そのうち更新しますね。

数十本の検品本数で、計算上何百倍・何千倍検品した結果と近似した不良率を算出することが出来ます。

以上、今回の「条件付き書式」は予算表の異常利益率の発見など、色々なところで使えると思いますので、ぜひ活用してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です