囲碁ルール 超初級編

先手・後手の決め方:ニギリ

①対戦者2名の内、一方が白石、もう一方が黒石を持ちます。

②白石を持っている方は白石を好きな数だけ手のひらににぎり、黒石を持っている方は1つか2つ黒石をにぎります。

③一斉に碁盤の上にお互いの碁石を置きます。

④黒石の数は奇数(1つの時)、偶数(2つの時)を表しており、白石の数が奇数か偶数かを当てることが目的です。当てることが出来れば黒石を持っている方が先手、外れれば白石を持っている方が先手となります。

例1 黒石2、白石8の場合

※都合上、黒石=緑、白石=ピンクの碁石を使用してます。

この場合、黒石=偶数、白石=偶数と当てているので、黒石をにぎった方が先手となります。

例2 黒石1、白石6の場合

この場合、黒石=奇数、白石=偶数と外れているので、白石をにぎった方が先手となります。

ハンディキャップの設定

お互いの力量の差に応じてハンディキャップを設けることも出来ます。

対戦開始前に格下の相手に、碁盤に石を置かせてあげる事となります。置く石の数は対戦相手と相談して決めましょう。

※なおハンディキャップを設けた場合、格下が黒石でプレイ、格上は白石でプレイする事になります。

ハンディキャップ1の場合

石は置かず、格下が先手を打つ権利をもらう。

ハンディキャップ2の場合

対角線上に置くのが基本。

ハンディキャップ3の場合

ハンディキャップ5の場合

バランス良く並べます。

基本的に、ハンディキャップの数によって四隅の”星”(点の部分)から置いていきます。

これ以上のハンディキャップを与える場合は、空いている星の部分に石を置いていくことになります。

囲碁ルール③ 石を置けないところがある(着手禁止点)

下記の図を見て頂いて、黒が囲っている陣地の最後の1マス(△の部分)については、白石が置くことが出来ません。

しかし、下記のように黒石の一部を囲んで取ることが出来る場合には白石を置くことが出来ます。

他の場所も同様です。

囲碁ルール④ コウ

上記囲碁ルール③で説明した盤面ですが、今までのルール説明では、下記のように置かれた白石をすぐに取り返すことも出来る事になります。これでは永遠に石の取り合いが終わりませんね。

これを禁止すべく、”コウ”というルールがあります。これは難しく言うと、一手前の盤面に戻ることを禁ずるルールです。簡単に言うと、永遠に続く打ち合いを止めましょうというルールです。

つまり、下記の通り一度他の箇所に置けば、

また取られた黒石の場所に置けるようになります。

これが”コウ”です。漢字で書くと永劫(えいごう)の劫の部分なので覚えやすいですよ。

ここまで覚えれば基本ルールはバッチリ

後は序盤にどこに石を置いていくか、相手の石の取り方・自分の石の守り方を覚えていけばどんどん上達しますよ!

次回以降その辺について詳しく説明していきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です