食べ物と精子

そもそも食べ物は精子に影響を与えるのか?

下記の研究結果は結構前からインターネットでよく見かけますが、食べ物と精子の関係性を明らかにしています。

婦人科の健診の半分は不妊症についてです。
昔は10組に1組の割合が現在では7組に1組に増えています。
その原因の半分は男性にあります。

1998年に日本不妊学会で森本義晴先生が研究発表をしました。
不妊外来以外の健康な男性60人平均年齢21歳の精子の調査結果です。

結果、60人のうち正常だったのはたったの2人でした。

どんな食生活をしているか調べてみたら、8割の人がカップ麺とハンバーガーを常食していました。
ハンバーガーの45%は脂肪です。
ダイオキシンは油に溶けるので、それが精巣に蓄積され、精子に異常が生まれたのだと考えられます。

不妊の原因の6割は男性の側にあるといいます。
現在の日本では男性も妊娠、出産に父体の意識をもつ時代です。

※精液減少症:精液が薄く、量が少ない状態

※乏精子症:造精機能障害によって、射出された精液中の精子濃度が低い状態

※精子無力症:射出精液内の精子の運動率が低い状態

※奇形精子症:射出精液内の96%以上が形態の異常を伴う状態

※膿精液症:精液中に白血球が混ざっている状態

 

カップヌードルやハンバーガーの添加物が奇形精子の原因となるようです。また、こういった食生活の方は精子の形成に大事な亜鉛が不足気味との事です。

精子の生成に必要な栄養素と食べ物

①タンパク質

タンパク質は、筋肉や血液など、体のおもな部分をつくるために欠かせない栄養素で、精子もタンパク質からつくられています。 精子に良い食べ物は、「必須アミノ酸」9種類をすべて十分に含んでいる良質のタンパク質。 赤身の多い肉、魚、 卵、大豆製品など、動物性と植物性をバランスよくとりましょう。

出典:精子に良い食べ物

 

②ムチン

ムチンは水溶性食物繊維の1つであり、タンパク質の吸収を助ける働きがあります。
精子の材料であるタンパク質が体に吸収されやすくなることで、精子量が上がるということですね。

そんなムチンはネバネバした水分の多いところにたくさん含まれています。

  • 野菜類…納豆・オクラ・ヤマイモ・サトイモ・ナガイモ・モロヘイヤ

(中略)

またムチンは70度以上になると壊れてしまうので、できるだけ生で食べるのがオススメです。

出典:男の妊活!精子の量が明らかに少なくなってきた…!増やす方法はある!?

 

亜鉛

亜鉛は精子の原料になり、なおかつ前立腺や精巣の活動を活発にします。

(中略)

また亜鉛だけを摂取するよりもビタミンCと一緒に摂った方が吸収率が高まります

出典:男の妊活!精子の量が明らかに少なくなってきた…!増やす方法はある!?

クルミ、豆、牡蠣、うなぎ、あなご、牛肉や鶏肉などから摂取出来るそうです。

 

④アルギニン

アルギニンは準必須アミノ酸。体内でタンパク質を作る優れもの。 アルギニンとは身体の中でタンパク質を作り、生きていくために必要不可欠なアミノ酸のひとつです。 精子は主にタンパク質からできているので、アルギニンを進んで摂取するという事は、精子量もアップさせることが期待できます。

出典:【保存版】精液・精子を増やす方法! – NAVER まとめ

レーズン、牛乳、大豆、海老、卵、イカ、ニシン、数の子、イワシなどに多く含まれるそうです。

 

⑨セレン

セレンは男性の精子を作る時、活性基となります。このとき500億分の1mg程度のセレンを必要とし、精子の生成に深く関係しています。最近、不妊症の原因として注目されています。男性が射精する時に精液ととともに失われる抗酸化極微量元素、補給摂取が少ないと性機能が低下します。

出典:セレンが不足すると?

カツオ、アンキモ、タラコ、カニ、ウニ、アジ、ワカメ、マカロニ、玄米、豚肉、牛肉などから摂取出来ます。

 

⑩ビタミンQ

ビタミンQは、食べ物からエネルギーを作り出すときに必要な栄養素で、(中略)他に、抗酸化作用や免疫力を高める働きがあります。

抗酸化作用は、体内にできた活性酸素を抑えて、細胞の酸化(老化)を防ぎ、アンチエイジングの効果があります。

免疫力については、白血球や免疫細胞の活動を活発にして、病気への抵抗力、精子の活動も高めたりする働きがあります。

出典:ビタミンQ|ビタミン様作用物質

もつ、レバー、牛肉、マグロ、カツオ、サンマ、イワシ、サバ、ブロッコリー、ほうれん草などに多く含まれます。

 

⑪ビタミンE

精子は精巣で作られて射精するまでの間に活性酸素の影響を受けてしまいます。

特に精巣上体での影響は必ずといっていいほどダメージを受けてしまい、それが精子DNAの損傷や、精子運動率等に影響を与えています。

活性酸素の影響を強く受けすぎることで不妊へと繋がってしまうのです。

ビタミンEの抗酸化作用によって活性酸素を除去し、精子へのダメージを減らすことが期待されています。

出典:精子の質改善に期待されるビタミンE【精子数・運動率・奇形率に影響】 | 男性不妊改善プロジェクト【男性の妊活】

アーモンド、落花生、アボカド、カボチャ、アサリ、ゴマ、ひまわり油、綿実油、サフラワー油、ヘーゼルナッツ、ひまわりの種などに多く含まれます。

最後に

色々と食べなければならないものが多くて困りますよね。もちろん上記だけを食べて生活するわけにもいかないので、重要なのはファストフードやレトルトなどを減らし、普段の食生活に上記の食べ物を盛り込んでいくのが大切です。

意識して少しずつ変えていきましょうね。

もりちゃん
今回引用ばかりになってしまい申し訳ないっす…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です